廃校がグランピング施設に 手ぶらで快適、予約盛況 きょうオープン 市原・高滝ダム湖畔 /千葉

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
SFを思わせるモダンなテントが置かれた高滝湖グランピングリゾート=千葉県市原市で2021年4月18日、浅見茂晴撮影
SFを思わせるモダンなテントが置かれた高滝湖グランピングリゾート=千葉県市原市で2021年4月18日、浅見茂晴撮影

 市原市養老で、少子化によって2013年に廃校となった高滝小学校が、「高滝湖グランピングリゾート」として生まれ変わり、20日にオープンする。コロナ禍で、手ぶらで快適なキャンプを楽しむグランピングは人気を集めており、5月の大型連休までの予約はすでに満員だという。

 洋菓子の製造販売を手掛ける「グランバー東京ラスク」(東京都文京区)が昨年4月から、高滝ダム湖畔にある校舎と跡地の整備を進めていた。

 新たに芝生が張られた元の校庭には直径6メートル、広さ約28平方メートルで定員4人のビニール製のモダンなテント24張りが設けられた。それぞれエアコンや冷蔵庫などが完備され、一年中快適に過ごせる。事務所が置かれた校舎にはシャワーや風呂も備えられ、ドッグランも併設された。宿泊料はバーベキューの夕食など2食付きで1泊1人1万5000円から。

この記事は有料記事です。

残り361文字(全文725文字)

あわせて読みたい

注目の特集