特集

第46回社会人野球日本選手権

社会人野球の単独チーム日本一を争う第46回日本選手権大会(6月29日~7月14日)の特集サイトです。

特集一覧

社会人野球

JABA富山 伏木海陸、準V 宮前投手に敢闘賞 /富山

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
【エイジェック-伏木海陸運送】一回裏伏木海陸1死一、三塁、内野ゴロの間に宮下が本塁を突くもタッチアウト=富山市下飯野の市民球場で、青山郁子撮影
【エイジェック-伏木海陸運送】一回裏伏木海陸1死一、三塁、内野ゴロの間に宮下が本塁を突くもタッチアウト=富山市下飯野の市民球場で、青山郁子撮影

 社会人野球の富山市長旗争奪「第62回JABA富山大会」(JABA北信越地区連盟主催、JABA県連盟主管、富山市、毎日新聞社など後援)は最終日の19日、富山市下飯野の市民球場アルペンスタジアムで準決勝と決勝を行った。決勝戦は初出場のエイジェック(栃木県小山市)が3―0で地元、伏木海陸運送(高岡市)に完勝し初優勝した。

 試合後、表彰式があり、エイジェックの西丸泰史主将に富山市長旗が手渡された。最高殊勲選手賞には、決勝戦で完投した金城乃亜投手(エイジェック)、敢闘賞には宮前遥投手(伏木海陸)、打撃賞に高上竜己内野手(エイジェック、10打数7安打)がそれぞれ選ばれ、連盟役員から盾などが贈られた。【青山郁子】

この記事は有料記事です。

残り622文字(全文926文字)

あわせて読みたい

注目の特集