新型コロナ 飲食店、従業員に検査/休業・時短要請 諏訪圏域の対策強化 /長野

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 阿部守一知事は19日に記者会見し、新型コロナウイルスの特別警報Ⅱ(警戒レベル5)を出している諏訪圏域(6市町村)のうち、住民の感染割合が高い茅野市と原村にある飲食店の従業員に、PCR検査することを発表した。希望者に対して21~23日に行う。諏訪市の店の従業員への実施も調整中。同圏域では飲食店1店舗で計39人の集団感染が発生しており、店を中心にした感染拡大を防ぐ。

 また、この3市村で酒類を提供する飲食店850店舗に対し、感染予防ガイドラインを守らない店には休業、守っている店には午後8時までの営業時間短縮を要請する。期間は21~29日で、延長の可能性がある。応じれば売り上げによって1日4万~7万5000円を支給する。

この記事は有料記事です。

残り340文字(全文651文字)

あわせて読みたい

注目の特集