入札無効求めて住民ら市を提訴 葛城・ごみ収集委託 /奈良

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 葛城市の資源ごみ収集事業の一般競争入札で、落札した業者には本来、参加資格が認められないとして、市民ら5人が19日、市に入札無効を求めて奈良地裁に提訴した。

 入札は2020年11月9日に実施、月額650万円を提示した宇陀市内の業者が落札した。訴状では、自治体がごみ収集を民間委託する場合、廃棄物処理法…

この記事は有料記事です。

残り195文字(全文345文字)

あわせて読みたい

注目の特集