東京・池袋暴走2年 事故撲滅へ決意新た 遺族が慰霊碑に献花

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
事故から2年となり、現場となった交差点近くに設置された慰霊碑に向かって手を合わせる松永拓也さん=東京都豊島区で2021年4月19日午後0時17分、小川昌宏撮影
事故から2年となり、現場となった交差点近くに設置された慰霊碑に向かって手を合わせる松永拓也さん=東京都豊島区で2021年4月19日午後0時17分、小川昌宏撮影

 東京・池袋で2019年4月に起きた乗用車の暴走事故から2年となった19日、妻の松永真菜さん(当時31歳)と長女莉子ちゃん(同3歳)を亡くした拓也さん(34)が事故が起きた午後0時23分に合わせ、現場近くの「日出町第二公園」にある慰霊碑に献花し、2人を追悼した。拓也さんは「2人がいない現実に直面しているが、前を向いて生きていくことを(2人に)伝えた。交通事故を撲滅するための活動を続けていく決意を新たにした…

この記事は有料記事です。

残り306文字(全文510文字)

あわせて読みたい

注目の特集