新型コロナ 愛知、先週末7カ所集団感染 県教委「高校生カラオケ自粛を」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 愛知県は新型コロナウイルスの感染拡大で、16~18日の週末3日間に新たに7カ所のクラスター(感染者集団)を認定した。緊急事態宣言に準じた対応が取れる「まん延防止等重点措置」の県内での実施を20日に控え、19日に記者会見した大村秀章知事は「措置でしっかりと感染者数を抑え、大型連休明けから本格化する高齢者のワクチン接種につなげたい」と述べた。

 新たなクラスターは豊明市の高齢者施設や高浜市の保育施設など。16日には名古屋市内でカラオケをした県立高校生11人の感染を確認し、クラスターに認定した。県教育委員会などは19日、県内の高校などに生徒同士の会食やカラオケの自粛などを求める通知を出した。

この記事は有料記事です。

残り217文字(全文513文字)

あわせて読みたい

注目の特集