特集

鶏卵汚職

大臣在任中に賄賂として現金を受け取ったとして、吉川貴盛元農相らが在宅起訴されました。背景を探ります。

特集一覧

西川公也元農相、次期衆院選不出馬へ 栃木2区

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
西川公也元農相
西川公也元農相

 自民党の西川公也元農相(78)が、次期衆院選の栃木2区に出馬しない意向を固めたことが県連関係者への取材で判明した。23日に自身の後援会関係者らに正式に表明するという。県連は2区の公認候補を公募で決める方向で検討を進めており、候補者として西川氏の長男で県議の鎮央(やすお)氏(49)らを推す声も上がっている。

 西川氏は1996年の衆院選で初当選し、通算6期務めた。2017年の衆院選で落選し、内閣官房参与に起用されたが、20年、鶏卵生産大手「アキタフーズ」グループから金銭提供を受けていた疑惑が浮上し「一身上の都合」として辞任。その後、党幹事長特別参与に起用されていた。西川氏は毎日新聞の取材に進退について「言うときは公平に言う」としながらも、鎮央氏を推す声が出ていることを「重く受け止める」と話していた。

この記事は有料記事です。

残り75文字(全文428文字)

【鶏卵汚職】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集