特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

福岡の百貨店・井筒屋が資本金を1億円に減資 財務体質を改善へ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
井筒屋本店=北九州市小倉北区で2018年9月16日、曽根田和久撮影 拡大
井筒屋本店=北九州市小倉北区で2018年9月16日、曽根田和久撮影

 北九州市が地盤の百貨店、井筒屋は20日、資本金を約105億円から1億円に減資すると発表した。5月27日開催予定の株主総会での決議を経て、7月1日付で実施する。井筒屋は業績悪化から本店と山口店に経営資源を集中させており、減資で財務体質を改善する狙い。税法上は中小企業扱いになり、税の優遇措置を受けられる。

 北九州市で20日に記者会見した影山英雄社長は「不採算部門の整理などは一段落してきた。減資は繰越欠損金を一掃するのが一番の目的。税金面での優遇はあるが、二次的なものだ」と説明した。

 井筒屋が13日に発表した2021年2月期連結決算は、黒崎店の閉鎖や新型コロナウイルス感染拡大に伴う臨時休業が響き、売上高が前期比23・6%減の505億円で、公表を始めた1979年2月期以来で過去最低だった。【植田憲尚】

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集