特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

「まん延防止」2週間の仙台 「人流減った」一方で医療逼迫続く

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
まん延防止等重点措置が適用され、人通りが減った国分町=仙台市青葉区で2021年4月5日午後6時54分、和田大典撮影 拡大
まん延防止等重点措置が適用され、人通りが減った国分町=仙台市青葉区で2021年4月5日午後6時54分、和田大典撮影

 新型コロナウイルス対策の「まん延防止等重点措置」が5日から仙台市に適用されて2週間が過ぎた。宮城県内の感染状況は減少局面に入ったが、病床に余裕はなく医療提供体制の逼迫(ひっぱく)が続いている。【深津誠、神内亜実】

 県内の新規感染者数は、3月31日に過去最多となる200人を記録。その後も1日当たり100人以上の感染確認が続いたが、11日以降は2桁台で推移し、19日まで9日連続で100人を下回った。

宮城県内の新規感染者推移推移 拡大
宮城県内の新規感染者推移推移

 県と仙台市が19日に発表した新規感染者数は22人で、まん延防止措置が適用された5日と比べて33人少なく、1週間前よりも12人少なかった。

 直近1週間の新規感染者数の合計が5日は840人だったのに対し、19日は404人と半減。12日までの1週間と比べても、4割近く減少した。

 一方、県内の病床使用率は56・9%で、仙台市と周辺の14市町村からなる「仙台医療圏」の使用率は62・6%と高止まりしている。すぐに受け入れ可能な病床に限れば、使用率はそれぞれ72・4%と87・4%に上る。

繁華街の人出減

 ソフトバンクの子会社「Agoop(アグープ)」がスマートフォンの位置情報を基に推計したデータを分析すると、仙台市の繁華街「国分町」周辺ではまん延防止措置が適用された後、夜間の人出に減少がみられた。飲食店に対する時短要請が午後8時までに前倒しされたことなどが影響したようだ。

 午後9時台でみると、3月中旬から始まった減少傾向は適用後も続いており、直近1週間(12~18日)は適用前の週(3月29日~4月4日)より平均で10%減っていた。

 ただ、勾当台公園(国分町周辺)や仙台駅西口の日中(午後3時台)の人出には大きな変化がみられず、両地点ともにこの1カ月間、ほぼ横ばいで推移していた。

「一定の効果」 知事、解除は慎重

 まん延防止等重点措置について、村井嘉浩知事は19日の定例会見で「2019年の同時期の週末の人出と比較すると国分町で7割、仙台駅西口で5割減少している。最大の狙いだった人流が減っている」と述べ、一定の効果があったとした。ただ、県内では3月中旬から独自の緊急事態宣言が発出されており、「新規感染者の減少率は想定よりゆるやか。思った以上に変異株の影響が出ているのではないか」と語った。

 県によると、県内で確認された変異株は18日現在で計209件。感染力が強いとされる「N501Y」変異を持つ英国由来の株が30件、「E484K」変異が179件で、従来株から置き換わりつつあるとみられる。

 また、全体の感染者数が減少傾向にある一方で、重症者は17日に最多の23人に達するなど増加。村井知事は「重症者用の病床はほとんど余裕がなく逼迫(ひっぱく)している。患者が重症化するのは感染から少し時間を置いてから。入院期間も2~3カ月の長期にわたり、一度埋まった病床はなかなか空かない」と述べ、来月5日が期限の重点措置解除は慎重に検討する方針を示した。

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集