特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

10代以下は2倍 新型コロナ変異株は子どもに感染しやすいのか

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
マスクをして歩く人たち=東京・銀座で、丸山博撮影
マスクをして歩く人たち=東京・銀座で、丸山博撮影

 新型コロナウイルス感染症で変異株が猛威を振るう地域で、保育所など子どもが利用する施設でクラスター(感染者集団)が報告されるなど、10代以下の感染率が高まってきている。変異株への感染が8割の大阪府では、10代以下の感染者の割合が第3波の時の約2倍に。これまで子どもは大人に比べて感染しにくいとされてきたが、変異株だから子どもも感染しやすいのか。実態を探った。

10代以下の割合、大阪府は「第3波」の2倍

 「小さい子どもの集団感染も認められており、家庭内感染も考えれば、(休校要請など)いろいろな角度からの検討は必要だ」

 日本医師会の中川俊男会長は14日の記者会見で危機感をあらわにした。

 大阪府によると、府内では16~18日、新規感染者の79・7%が変異株で、主に感染力などが高いといわれる英国株に置き換わってきている。14日公表の資料では、変異株への感染者のうち10歳未満は6%、10代は12・9%と、合わせて18・9%を占めた。英国株がまん延する前に主流だった従来株が流行していた昨秋以降の第3波(昨年10月~今年2月)では、10歳未満が2・7%、10代が7・3%と計1割で、子どもの急増ぶりが際立つ。関西地方では、大阪以外でも英国株への感染が急増する。

 厚生労働省によると、3月末時点で確認された全国の感染者約47万人のうち、10代以下は約9%。だが変異株の感染者(673人)でみると、23・3%に上る。専門家は…

この記事は有料記事です。

残り1285文字(全文1893文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集