特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

コロナ報道、「若者」ひとくくりにしないで 世代間で生じた分断

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
「問題行動が目立つ夜の街」として、この1年たびたび取り上げられた東京・渋谷の繁華街 拡大
「問題行動が目立つ夜の街」として、この1年たびたび取り上げられた東京・渋谷の繁華街

 新型コロナウイルス感染拡大防止のため最初の緊急事態宣言が出されてから約1年。この間、「無責任」「危機意識が足りない」などと、感染拡大の一因としてマスメディアでたびたびやり玉に挙げられたのは、「若者」だった。では、名指しされる側はそうした報道にどんな思いを抱いているのか。毎日新聞夕刊(東京版)「キャンパる」編集部の学生記者が、オンラインで語り合った。【司会・まとめ、日本大・畑山亘】

 ――コロナ感染拡大を巡る報道で、学生を含む「若者」が、他の世代と異なる扱いを受けていると感じたことはありましたか?

 A 報道の内容によると思うが、若者、学生という単語はよく耳にした。特に週刊誌では大学名を出して詳しく報じられていたのではないか。

 B 大学生というくくりでよく取り上げられたと思う。他の学生層と比べて注目されていたと感じる。

 C 大学生という言葉は出さずとも「卒業旅行」とか、おそらく私たちの世代を問題視しているのだろうなと感じることはあった。

不要不急が多いと思われている?

 ――それはどのようなときに強く感じましたか?

 D 例えば朝のワイドショーなどで映し出される、夜の街に集まる若者たちの姿を見たとき。飲み歩くのは若者、学生だけじゃないのに、なぜそこだけ切り取られるのかと疑問に思う。

 A カメラが入るのは東京・新宿や渋谷などの繁華街が多く、そうなると若者が取り上げられやすいのでは。

 E ただ、そういったところで若い人が飲み歩いているのも事実だと思う。

 ――なぜ、メディアは他の世代と比べて、異なる扱いをすると思いますか?

 C 大人でも子供でもない、若者や学生特有の立ち位置が影響していると思う。メディアにとって気軽に扱いやすい存在なのかな。

 E 学生の活動は不要不急なものが多く、行動を一番制限してもらいやすい立場だからなのではないか。

 ――報道によって、学生や若者を見る社会の目に変化があったと感じたことはありましたか?

海外旅行客の減少で閑散とする成田空港出発ロビー。今春、学生の「卒業旅行」が名指しで自粛対象とされた 拡大
海外旅行客の減少で閑散とする成田空港出発ロビー。今春、学生の「卒業旅行」が名指しで自粛対象とされた

 F コロナ問題が報じられ始めてから、祖母から「帰省は控えてほしい」と連絡が来たことがあった。

 D 用事があって外出したときでも、遊びに行っていると思われていないか周りの目が気になったことはあった。

 C 判断材料がマスメディアしかないような年配の方々が持つ、私たちへのイメージが悪くなっているという印象はある。

 E 逆に、若者たちがそのように報じられたことで、若者たちに社会やメディアに対する不信感が生まれ、社会と若者の間や世代間に相互不信や分断を生んでいるのではないかと思う。

 ――クラスター(感染者集団)発生などで大学名が報じられ、実際に不利益を被ったり、不快な思いをしたりしたことはありますか。

 D 実際にそういう目にあったことはないが、SNS(ネット交流サービス)で大学名が独り歩きしているのを見て、怖いなと思ったことはある。

 B 週刊誌で自分の大学の学生が飲み会をしている写真が取り上げられ、驚いたことはあった。だが、自分自身にはあまり影響はなかった。

若者の事情にも理解を

 ――大学が、授業や施設利用方法をなかなかコロナ以前の状態に戻さない理由として、メディアや社会からの厳しい視線が影響していると思いますか?

 A 去年の感染拡大の初期に、多くの感染者を出した大学名が大々的に報じられて批判されたのが大きいのではないか。メディアでたたかれるのが怖いから、大学はなかなか再開できなかったのでは。

 E 私は、もともと大学教育自体が尊重されていないのではないかと思っている。留学に関してもとても慎重。一律で足並みをそろえて、ではなくもっといろんな形が社会で議論されてもよいのではないか。

 C 今は厳しいというより、むしろ放置されているのではないかと思う。オンライン授業にしても、「このままでいいでしょ」と社会が見ているように感じる。

 ――マスメディアによる若者・学生のコロナ報道でこういうことを報じてほしいと思うことは?

 F 若者の事情に理解を示し、アクションを起こすよう提唱してほしい。そうすれば若者が自発的に動いてくれて、世代間の分断も小さくなるのではないか。

 D 若い世代の感染者数が多いという事実だけを取り上げるのではなく、感染の経緯や背景をできる限り詳しく報じてくれれば、若い世代への理解は進むのではないか。

 E メディアは分断をあおるのではなく、人と人をつなげるような役割をしてほしいと思う。「渋谷で若者が」とひとくくりにするのではなく、個々が置かれている状況も丁寧に報じてほしいと思う。一方で今だからできることといった、学生・若者に対して希望をもたせられるようなことも、メディアは伝えられたらよいのではないか。

 ――ありがとうございました。

<参加学生のプロフィル>A=私立大教養学部2年・女子、B=私立大学院1年・女子、C=私立大文学部2年・女子、D=私立大文学部3年・女子、E=私立大文学部3年・女子、F=私立大経済学部4年・男子

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集