星出さん3度目の宇宙へ 22日出発 日本人2人目、船長に意欲

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
訓練で宇宙船クルードラゴンの座席に座る星出彰彦さん(右端)と欧米の飛行士3人=2021年3月(スペースX提供)
訓練で宇宙船クルードラゴンの座席に座る星出彰彦さん(右端)と欧米の飛行士3人=2021年3月(スペースX提供)

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)の星出彰彦飛行士(52)が国際宇宙ステーション(ISS)での長期滞在に向け、22日に米国の新型宇宙船クルードラゴンで出発する。宇宙飛行は3度目で、今回は日本人で2人目のISS船長も務める。星出さんは17日(米東部時間16日)、同乗する3人とともに打ち上げ場のある米フロリダ州のケネディ宇宙センターに到着。記者会見で「チームをまとめてミッション(任務)に臨みたい」と意欲を見せた。

 2014年に船長を務めた若田光一飛行士(57)によると、船長は飛行士たちのまとめ役だ。作業の進行を管理したり、飛行士の体調を把握したりするなどの業務を担当。それに加えて、将来の月や火星探査に必要な水の再生技術などを研究する。

この記事は有料記事です。

残り300文字(全文619文字)

あわせて読みたい

注目の特集