特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

愛知、カラオケ設備の自粛要請 協力金1日1万円 営業継続の店も

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
「まん延防止等重点措置」期間が始まり、休業のため店内を清掃するカラオケ喫茶店主の佐藤正代さん=名古屋市西区で2021年4月20日午前11時49分、兵藤公治撮影
「まん延防止等重点措置」期間が始まり、休業のため店内を清掃するカラオケ喫茶店主の佐藤正代さん=名古屋市西区で2021年4月20日午前11時49分、兵藤公治撮影

 新型コロナウイルス対策として緊急事態宣言に準じた対応が取れる「まん延防止等重点措置」の適用が20日、愛知県で始まった。県は期間中、カラオケ設備の利用自粛を要請し、協力店舗に1日1万円を独自に支給する。名古屋市内のカラオケ喫茶では、要請通り自粛する店がある一方、「1万円では少ない」と営業を継続する店もあり、対応が分かれた。

 「感染防止対策のため、5月11日まで休ませて頂きます」

この記事は有料記事です。

残り952文字(全文1142文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集