医療的ケア児支援法案提出へ 家族らがオンラインで署名活動

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
法成立を願い医療的ケア児の家族らがオンラインで署名活動をしている=ホームページから、一部修正 拡大
法成立を願い医療的ケア児の家族らがオンラインで署名活動をしている=ホームページから、一部修正

 たんの吸引や人工呼吸器など医療的なケアが日常的に必要な子ども(医ケア児)やその家族の支援法案が今国会で提出されることになり、医ケア児の親らでつくる「医療的ケア児支援法の成立を希望する会」が3月末からオンラインで署名キャンペーンをしている。「まずは一般の方に医ケア児を知ってもらい、いつ誰が医ケア児の親になっても、子どもを育てるのに困らない社会を作りたい」という思いから、党派によらない全会一致での法成立を願っている。

 キャンペーンページでは医ケア児の説明や今回の法案提出までの経緯を分かりやすく説明し、家族らが提供した医ケア児のフォトギャラリーなどもある。これまで2万5000人以上の賛同を得ている(4月20日現在)。

 キャンペーンを監修した「ウイングス 医療的ケア児などのがんばる子どもと家族を支える会」代表の本郷朋博さんは「医ケア児を守る社会はすべての子どもを守る社会で、すべての子どもを守る社会は日本の未来を守る社会です。皆さんの法律に対する期待の声を議員さんたちに届けたい」と話す。署名活動は23日に締め切り、関係機関に提出するという。署名ページはhttps://www.change.org/medcare_kids

あわせて読みたい

注目の特集