特集

東日本大震災

2011年3月11日に発生した東日本大震災。復興の様子や課題、人々の移ろいを取り上げます。

特集一覧

津波から逃れた漁師 「それでも海と生きる」覚悟を胸に夢かなえ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
魚をモチーフにした木彫作品を抱える深渡栄一さん=岩手県野田村野田の「魚の番屋」で2021年3月6日、韓光勲撮影
魚をモチーフにした木彫作品を抱える深渡栄一さん=岩手県野田村野田の「魚の番屋」で2021年3月6日、韓光勲撮影

 「漁師彫り」。そんな看板を掲げた木彫美術館が岩手県野田村にある。館内には、魚など海の生き物をモチーフにした野性味あふれる作品の数々が並ぶ。館主で漁師の深渡(ふかわたり)栄一さん(68)は、東日本大震災時に間一髪で津波を逃れたが、作品群の一部や全ての彫刻道具、漁具を流された。しかし、その半生は海なしでは語れない。「やっぱり海と生きていく」。震災後、改めてそう決意している。

 10年前の震災当日。午後2時ごろ、深渡さんは村の南にある下安家(しもあっか)漁港から船で沖に出た。岸から約5キロの場所にホタテの養殖場があり、1時間ほど作業をして引き返した。深渡さんはこの時、海水の冷たさで、リウマチの手が痛かったことを鮮明に覚えている。

この記事は有料記事です。

残り1440文字(全文1755文字)

【東日本大震災】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集