連載

熱血!与良政談

長年、政治の裏側を取材してきた与良正男専門編集委員が、永田町に鋭く斬り込みます。

連載一覧

熱血!与良政談

政権交代の効果とは=与良正男

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 菅義偉首相が創設に意欲を見せている「こども庁」の評判は、総じて芳しくない。

 それはそうだろう。

 「こども庁」は、子育て、児童虐待、貧困等々、子どもに関する政策を束ねる役所を目指すのだという。

 縦割り行政を排することに異存はない。でも本気で取り組むのなら、文部科学省や厚生労働省をはじめ、府省庁の大再編(統廃合)が必要だ。ところが、そこまでする気はなさそうだ。

 次の衆院選の目玉にしたい首相や自民党の二階俊博幹事長らの意図も見え見えだ。要するに「菅政権は子どもを大切にしている」とアピールしているに過ぎない。子育てや教育予算を大幅に増やしてからモノを言え、である。

この記事は有料記事です。

残り614文字(全文896文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

注目の特集