三沢航空科学館リニューアル 「無重力の世界」体感 JAXA協力、宇宙ゾーン新設 /青森

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
専用の装置で無重力の世界を体験する来場者(左)=青森県三沢市の県立三沢航空科学館で2021年4月20日午後3時22分、平家勇大撮影
専用の装置で無重力の世界を体験する来場者(左)=青森県三沢市の県立三沢航空科学館で2021年4月20日午後3時22分、平家勇大撮影

 三沢市の県立三沢航空科学館が20日、リニューアルオープンした。宇宙航空研究開発機構(JAXA)の協力を得て、無重力の世界が体験できる装置などを紹介した「宇宙ゾーン」を新設。世界で一基しかないホンダの小型ビジネスジェット機「ホンダジェット」の技術実証機の展示もあり、来場者らは写真を撮るなどして楽しんでいた。【平家勇大】

 同館では総事業費約5億9000万円をかけて、昨年12月から約5カ月間、改修工事を進めていた。模型や装置など約60点の展示物を新たに増設した。

この記事は有料記事です。

残り514文字(全文745文字)

あわせて読みたい

注目の特集