東日本大震災

福島第1原発事故 処理水放出 「被害あれば賠償」 東電社長、知事に説明 /茨城

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
東京電力の小早川智明社長(左)から今後の対応について説明を受ける大井川和彦知事=茨城県庁で2021年4月20日、韮澤琴音撮影
東京電力の小早川智明社長(左)から今後の対応について説明を受ける大井川和彦知事=茨城県庁で2021年4月20日、韮澤琴音撮影

 東京電力福島第1原発の処理水を海に流す政府方針を受け、東電の小早川智明社長が20日に県庁を訪れ、大井川和彦知事に今後の対応を説明した。小早川社長は報道陣に「風評被害対策に取り組み、被害があれば、地域や期間に関わらず賠償したい」と述べた。

 面会は冒頭のみ公開され、小早川社長は「茨城県の皆様からも風評に対する懸念の声…

この記事は有料記事です。

残り239文字(全文397文字)

あわせて読みたい

注目の特集