川辺町長選告示 現新4氏立候補 多選の是非争点 /岐阜

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 任期満了(5月19日)に伴う川辺町長選は20日告示された。いずれも無所属で、元町議で僧侶の矢田宗雄氏(70)、遊具販売会社役員の桜井真茂氏(56)、元県教育文化財団理事長の岡本博次氏(71)の新人3氏と、現職で6期目を目指す佐藤光宏氏(64)の計4人が立候補し、選挙戦に入った。現職の多選の是非が主な争点。4人が立候補するのは、市町村合併後、記録が残る1959年以降で初めて。

この記事は有料記事です。

残り140文字(全文329文字)

あわせて読みたい

注目の特集