ミズバショウ、高山で見ごろ 「癒やされに来て」 /岐阜

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
見ごろをむかえ、観光客らの目を楽しませているミズバショウ=岐阜県高山市朝日町の美女高原で2021年4月19日、大竹禎之撮影
見ごろをむかえ、観光客らの目を楽しませているミズバショウ=岐阜県高山市朝日町の美女高原で2021年4月19日、大竹禎之撮影

 高山市朝日町の美女高原で、自生するミズバショウ約1万株が見ごろを迎えている。

 ミズバショウはサトイモ科の多年草で、中央の円柱状の部分が花序(かじょ)と呼ばれる小さな花の集まり。白い花びらのように見えるのは苞(ほう)とも呼ばれる、仏(ぶつ)炎(えん)苞(ほう)という葉が変形したものだ。

 美女高原のミズバショウ群生地は1971年、市の天然記念物に指定された。山からの湧水(ゆう…

この記事は有料記事です。

残り284文字(全文472文字)

あわせて読みたい

注目の特集