連載

東海BIZ

ものづくりが盛んな東海地方のさまざまな企業を紹介します。

連載一覧

東海BIZ

名古屋市 ブレイズ 個性的なEV、開発加速 /愛知

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
ブレイズが3月に発売した三輪の電動バイク「EVデリバリー」=同社提供
ブレイズが3月に発売した三輪の電動バイク「EVデリバリー」=同社提供

 個性的な電気自動車(EV)を開発しているブレイズ(名古屋市中川区)が3月、三輪の電動バイク「EVデリバリー」を発売した。新型コロナウイルスの感染拡大で、飲食業の宅配サービスが広がる中、関係者から問い合わせが相次いでいる。政府が掲げる2050年までに温室効果ガスの排出を全体としてゼロにする「カーボンニュートラル」の実現に向け、環境に配慮した乗り物として注目を集めそうだ。

 EVデリバリーは、大容量のリチウムイオン電池を搭載。家庭用コンセントから充電でき、1回で約100キロ走ることができるという。100%電動であるため、走行時に排ガスを出さず、住宅街での夜間走行も静かなのが特徴だ。価格は屋根なしタイプが54万7800円(税込み)、屋根ありタイプが59万1800円(同)。販売目標は年間2万台だ。

この記事は有料記事です。

残り576文字(全文925文字)

あわせて読みたい

注目の特集