大賞は指揮者・菅生さん 県文化賞に10人と2団体 /三重

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
文化大賞を受賞した菅生和光さん=三重県提供
文化大賞を受賞した菅生和光さん=三重県提供

 県の文化振興に貢献した人や団体をたたえる第20回県文化賞が発表され、10人と2団体に決まった。最高賞の文化大賞は伊賀市の指揮者、菅生和光さん(78)が受賞した。奨励賞の一人には毎日新聞三重県版「東海文芸」川柳の選者、津市の橋倉久美子さん(58)が選ばれた。

 大賞の菅生さんは、大学在学中に県内初の市民バンド「上野バンドアカデミー」を設立。現在まで54年にわたって指導を続けてきた。伊賀市初の管弦楽団「伊賀コミュニティオーケストラ」などの設立のほか、高校の音楽教諭として、多くの学校の吹奏楽部で優れた成績を収めた。県の吹奏楽普及に貢献したことなどが評価された。

 奨励賞の橋倉さんは11年に「県文化賞」で新人賞を受賞。県川柳連盟大会、川柳展望全国大会で選者を務めるなど、初心者を含め、川柳愛好者の作句力向上に貢献したことなどが受賞につながった。

この記事は有料記事です。

残り335文字(全文706文字)

あわせて読みたい

注目の特集