春季県高校野球 米子東、好スタート 城北も八頭破る /鳥取

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
【鳥取城北-八頭】一回表鳥取城北1死二、三塁、徳山が左中間に先制3ランを放つ=鳥取市のヤマタスポーツパーク野球場で、野原寛史撮影
【鳥取城北-八頭】一回表鳥取城北1死二、三塁、徳山が左中間に先制3ランを放つ=鳥取市のヤマタスポーツパーク野球場で、野原寛史撮影

 春季県高校野球大会(県高野連主催)は20日、鳥取市のヤマタスポーツパーク野球場と倉吉市営野球場で2回戦計4試合があった。今春のセンバツに出場した鳥取城北はセンバツでベンチ外だった中野天太、佐納旭の両投手(ともに3年)の継投で八頭に4―1で勝利。2季連続の県王者を狙う米子東は米子高専にコールド勝ちして準々決勝に進んだ。21日は2回戦の残り4試合があり、8強が出そろう。【野原寛史】

この記事は有料記事です。

残り340文字(全文531文字)

あわせて読みたい

注目の特集