特集

Listening

話題のニュースを取り上げた寄稿やインタビュー記事、社説をもとに、読者のみなさんの意見・考えをお寄せください。

特集一覧

論点

図書館蔵書メール送信

 図書館の蔵書のコピーを電子データ化し、利用者にメールで送信できるようにする著作権法改正案が今国会に提出された。新型コロナウイルス感染拡大で図書館の利用が制限される中、利便性が高まるとの期待がある一方で、出版界などには「民業圧迫」と懸念する意見も根強い。デジタル時代の図書館にはどんな課題があるのか。

指針作りにユーザー目線も 上野達弘・早稲田大法学学術院教授

 文化審議会の「図書館関係の権利制限規定の在り方に関するワーキングチーム」の座長として、図書館資料へのアクセスが充実するよう、著作権法改正を提言する報告書をまとめた。法改正が実現すれば、図書館に並ぶ蔵書のコピーをメールやファクスで受け取り、自宅で読めるようになる。利便性が格段に高まるだけでなく、著作権を有する筆者や出版社ら権利者にも、補償金という形で対価が支払われ、利用者と権利者、社会全体を利する。出版ビジネスを圧迫しないようバランスをとる必要があるが、図書館のデジタル化とサービス拡充は推進すべきだろう。

 現行の著作権法でも「調査研究目的」「一部分(半分まで)」という制限の下、図書館の本をコピーすることができる。ただし、図書館へ直接出向いてコピーするか、コピーを郵送してもらわなければならず、手間と時間がかかる。利用者が支払う1枚数十円のコピー代や手数料は権利者に入らない。

この記事は有料記事です。

残り3842文字(全文4412文字)

コメント

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

あわせて読みたい

注目の特集