連載

きょうのセカンドオピニオン

読者からの身近な病気や健康の悩みに、専門医が答えます。

連載一覧

きょうのセカンドオピニオン

顎関節症の対処法は=答える人・塚原宏泰院長(塚原デンタルクリニック・口腔外科)

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 ◆塚原宏泰院長(塚原デンタルクリニック(口腔(こうくう)外科)

 Q 顎関節症の対処法は

 食べ物をかむ時、右の顎(あご)の辺りに音がし、痛みを伴うことも。顎(がく)関節症で、良くならないと言われましたが、対処法はありませんか。(兵庫県、女性、82歳)

 A 口を開けるストレッチで改善も

 顎関節症は、顎の関節や顎を動かす筋肉の痛みのほか、口が開かない、顎を動かすと音が出るといった症状が表れます。発症する原因は、ストレスがかかったり、常に歯を食いしばったりして、顎を動かす筋肉や顎の関節に負担がかかることです。顎の関節は、下顎の骨と頭蓋骨(ずがいこつ)の間にある「関節円板」というクッションのような骨より軟らかい組織が滑ら…

この記事は有料記事です。

残り466文字(全文776文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集