中国軍、サイバー攻撃か 国内200機関 共産党員関与疑い 警視庁書類送検

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 中国人民解放軍の指示を受けたハッカー集団が2016~17年、宇宙航空研究開発機構(JAXA)など約200の国内の研究機関や企業、大学などに大規模なサイバー攻撃をしていた疑いがあることが捜査関係者への取材で判明した。警視庁公安部は20日、使用された国内サーバーを偽名で契約したとして、中国国営の大手情報通信企業に勤務するシステムエンジニアで、中国共産党員の30代男性を私電磁的記録不正作出・同供用容疑で書類送検した。

 攻撃を受けたのは他に大手電機メーカー「三菱電機」、重工大手「IHI」、慶応大など。重要な情報の漏えいは確認されていないが、航空・防衛関連情報などが狙われたとみられる。国内へのサイバー攻撃で他国機関の関与の疑いが明らかになるのは異例だ。

この記事は有料記事です。

残り487文字(全文813文字)

あわせて読みたい

注目の特集