特集

鶏卵汚職

農相在任中に賄賂を受け取ったとして収賄罪に問われた吉川貴盛元衆院議員に対し、地裁が有罪判決。背景に迫ります。

特集一覧

次期衆院選で候補公募へ 自民栃木県連 西川元農相不出馬

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
自民党栃木県連幹部との面会後、取材に答える西川公也元農相=宇都宮市本町で2021年4月16日午後4時42分、御園生枝里撮影
自民党栃木県連幹部との面会後、取材に答える西川公也元農相=宇都宮市本町で2021年4月16日午後4時42分、御園生枝里撮影

 次期衆院選の栃木2区を巡り、自民党の西川公也元農相(78)が出馬しない意向を固め、23日にも後援会関係者らに表明する見通しとなった。県連は今後、公募での公認候補擁立に向け、正式に動き出す。【御園生枝里、玉井滉大】

 西川氏は1996年の衆院選で初当選し、通算6期務めた。2014年9月には農相に就任したが、国の補助金を受ける会社から献金を受けていた問題で15年2月に辞任。17年の衆院選で落選し、内閣官房参与に起用された。だが20年、鶏卵生産大手「アキタフーズ」グループから金銭提供を受けていた疑惑が浮上し、同年12月に「一身上の都合」として辞任。今月、党幹事長特別参与に就任し、党務に戻っていた。

 党内では14年と17年の衆院選で立憲県連代表の福田昭夫氏(73)に2回続けて敗れていることや、アキタフーズの問題を受け、西川氏で選挙に臨むことに不安の声が広がっていた。

この記事は有料記事です。

残り644文字(全文1028文字)

【鶏卵汚職】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集