2023年度の物価上昇率、見通し1%前後に 10年かけても2%ならず

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
黒田東彦・日銀総裁
黒田東彦・日銀総裁

 日銀は26、27日に開く金融政策決定会合で新たに示す2023年度の物価上昇率見通しを、1%前後とする。黒田東彦総裁の任期は23年4月8日まで。就任直後の13年4月に2年程度で実現するとした2%の物価上昇目標は、10年かけても達成できないことになる。

 日銀は四半期ごとに、景気の先行きなどの分析をまとめた「経済・物価情勢の展望(展望リポート)」を公表し、向こう3年間の見通しを示している。4月会合で示すリポートでは、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う経済活…

この記事は有料記事です。

残り342文字(全文570文字)

あわせて読みたい

注目の特集