特集

気候変動

気候変動対策強化へ世界が動き始めました。地球を守るために何が必要でしょうか。

特集一覧

英国「最も野心的な目標」 温室ガス排出量78%減 35年目標

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ジョンソン英首相=AP
ジョンソン英首相=AP

 英政府は20日、温室効果ガスの排出量を2035年までに1990年比で78%減らすことを目指す新たな方針を発表した。英政府は「世界で最も野心的な目標だ」としており、6月末までに法制化する。

 22日からオンライン形式で開かれるバイデン米大統領主催の気候変動に関する首脳会議(気候変動サミット)を前に、目標を刷新し、各国にも取り組みの加速を呼びかける。今回、数値目標を引き上げると同時に、これまで除外してきた国際線航空機と船舶の排出量も削減対象に含めるとした。

 英国は地球温暖化防止の国際枠組み「パリ協定」に基づき、50年に排出量の実質ゼロを目指す方針を19年に発表。30年までに排出量を90年比で少なくとも68%減とする目標を20年に発表していた。具体策として、ガソリン車とディーゼル車の新車販売を30年までに禁止することを決めているほか、風力発電など再生可能エネルギーの積極的な導入を掲げている。

この記事は有料記事です。

残り183文字(全文581文字)

【気候変動】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集