特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

医師不在の琵琶湖・沖島 24日から島民の96%にワクチン接種

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
琵琶湖の沖島。淡水湖に浮かぶ島で人が暮らすのはここだけだ=滋賀県近江八幡市で2018年11月28日、本社ヘリから猪飼健史撮影
琵琶湖の沖島。淡水湖に浮かぶ島で人が暮らすのはここだけだ=滋賀県近江八幡市で2018年11月28日、本社ヘリから猪飼健史撮影

 琵琶湖に浮かぶ沖島(滋賀県近江八幡市沖島町)で24日、高齢者と合わせて一般の島民に対する新型コロナウイルスワクチンの接種が始まる。全国的には高齢者への優先接種が始まったばかりだが、人口の少ない離島では医療体制や効率性を考慮して高齢者以外への同時接種が認められるからだ。「島は一つの家のようなもの。感染者が出たら全体にうつる恐れがある」。島民たちはワクチン接種に期待を寄せている。

この記事は有料記事です。

残り1302文字(全文1492文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集