深海の掃除屋「オオグソクムシ」が春の大空に 静岡・沼津

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 日本一深い駿河湾の深海魚漁の本拠地、静岡県沼津市戸田(へだ)の深海魚情報発信拠点「ヘダトロール」に変わり種こいのぼり「オオグソクムシのぼり」が掲げられた。本来は水深150~200メートルの海底にすむオオグソクムシが春の青空を泳いでいる。

 ヘダトロールを任され、戸田の深海魚を家庭に届ける「深海魚直送便」を手がける青山沙織さん(39)が発案…

この記事は有料記事です。

残り255文字(全文425文字)

あわせて読みたい

注目の特集