中国軍サイバー攻撃 日本向けソフトが狙われる 事前入手で分析か

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
=ゲッティ
=ゲッティ

 2016~17年に中国人民解放軍が関与したとされる大規模なサイバー攻撃で、被害にあった日本企業などはいずれも組織内のパソコンを一元管理するソフト「SKYSEA(スカイシー)」を使っていたことが関係者への取材で判明した。警視庁公安部は、日本国内限定で販売されていたソフトを中国軍側が入手し、脆弱(ぜいじゃく)性を分析した上で攻撃したとみて調べている。

 関係者によると、今回の攻撃はSKYSEAの脆弱性を突いて16年6月に始まったとみられる。SKYSEAの開発元の「Sky(スカイ)」(大阪市)は約半年後の同12月、対策を施したと発表。しかし…

この記事は有料記事です。

残り1327文字(全文1597文字)

あわせて読みたい

この記事の筆者
すべて見る

注目の特集