特集

Gender×JAPAN

東京五輪を前に次々と明らかになった日本の深刻なジェンダーギャップ。意識のアップデートのために何が必要?

特集一覧

想田和弘さん「実質勝訴」 別姓婚訴訟棄却 判決文で「婚姻成立」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
オンラインで記者会見する想田和弘さん(左)と柏木規与子さん=2021年4月21日午後4時2分、遠藤浩二撮影
オンラインで記者会見する想田和弘さん(左)と柏木規与子さん=2021年4月21日午後4時2分、遠藤浩二撮影

 米ニューヨーク州法に基づき別姓で婚姻し、同州で暮らしていた映画監督の想田(そうだ)和弘さん(50)と妻の柏木規与子さんが、日本でも別姓のまま婚姻関係にあることの確認などを国に求めた訴訟の判決で、東京地裁(市原義孝裁判長)は21日、別姓で戸籍に婚姻関係を記載することは認めず、請求を棄却した。

 2人は1997年、別姓婚が認められるニューヨーク州で婚姻し、2018年6月に東京都千代田区に別姓のまま婚姻届を出したが、夫婦同姓を定めた民法の規定に従い受理されなかった…

この記事は有料記事です。

残り348文字(全文579文字)

【Gender×JAPAN】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集