特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

「アポなし」でOK? 3月渡米の記者はワクチンを接種できるのか

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
アウトレットモールに設置された新型コロナウイルスワクチンの接種会場=米東部メリーランド州ヘイガーズタウンで2021年4月20日午後0時24分、秋山信一撮影
アウトレットモールに設置された新型コロナウイルスワクチンの接種会場=米東部メリーランド州ヘイガーズタウンで2021年4月20日午後0時24分、秋山信一撮影

 新型コロナウイルスの感染者や死者が世界で最多の米国では、ワクチンの接種が急ピッチで進められている。3月末に渡米した記者は早めに接種を受けたいと思い、4月20日に東部メリーランド州に設けられた「大規模接種会場」へ向かった。「アポなし」(予約なし)で果たして接種を受けられるのか。

 首都ワシントン郊外から高速道路を車で走り、約1時間。メリーランド州ヘイガーズタウンに入ると、路肩に矢印がついた「ワクチンセンター」との看板が現れた。一般道路に出ると、すぐに会場のアウトレットモールに到着した。

 新型コロナの影響で営業中の店舗は半数程度しかなく、駐車場も空きスペースが多かった。だが「MASS VAX(大規模接種会場)」の表示が張られた建物に近づくにつれ、車や人の姿が増えた。

 実は会場に来てもなお、実際に接種を受けられるかどうか確信はなかった。メリーランド州で接種を受けるためには、州のウェブサイトから接種に向けた予備登録をした上で、当局からの連絡を受けて予約を確定させる必要がある。

 私は4月15日に予備登録をしたが、当局からの返信はなかなか届かなかった。「公式ルート」では、いつ順番が回ってくるか分からない。ただ、「飛び入り」で接種が受けられることもあると聞いていた。予備登録しかなく、しかも渡米から間がないため米当局が発行する身分証明書もなかった。少しでも早く接種を受…

この記事は有料記事です。

残り1498文字(全文2083文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集