東日本大震災

福島第1原発事故 避難指示解除区域 10市町村、住民居住率31% 昨夏より0.7ポイント上昇 /福島

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 東京電力福島第1原発事故に伴う国の避難指示が解除された区域で、住民登録者のうち、実際に区域内で居住している人の割合(居住率)は31・4%で、前回調査(昨年8月)よりも0・7ポイント上昇した。解除が先行した自治体では低下が始まっているケースもあるが、多くの自治体では、解除から時間をかけて居住者が着実に増えている。【高橋隆輔】

この記事は有料記事です。

残り912文字(全文1075文字)

あわせて読みたい

注目の特集