舞鶴市 補正予算案3億299万円 感染防止対策など /京都

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 舞鶴市は21日、総額3億299万円の2021年度一般会計補正予算案を発表した。新型コロナウイルス感染症の影響が長期化する中で、感染防止のための小学校の空調整備費をはじめ、JR西舞鶴駅周辺の交通と観光拠点の機能強化費や、ICカード「ICOCA」の利用促進費などを盛り込んだ。28日開会の臨時議会に提出…

この記事は有料記事です。

残り73文字(全文223文字)

あわせて読みたい

注目の特集