竹主食のサル、苦み感覚鈍化 京大霊長類研究所など発表 /京都

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
竹を食べるジェントルキツネザルの一種「ハイイロジェントルキツネザル」=糸井川壮大研究員提供
竹を食べるジェントルキツネザルの一種「ハイイロジェントルキツネザル」=糸井川壮大研究員提供

 竹を主食とする一部のサルは、他の動物が避ける苦い竹を食べて生き延びるため、進化過程で苦みを感じる機能が弱まったことを突き止めたと、京都大霊長類研究所などが発表した。アフリカ東部のマダガスカル島に生息する複数種のサルの調査で、苦みの受容体の反応が異なる仕組みにより低下しており、異なる種の間で独自に似た傾向の進化を示す「平行進化」が起きたという。論文は英国の国際学術誌に掲載された。【千葉紀和】

 苦みの感覚は毒物を検知する働きがあるとされ、動物は本能的に苦い物を避ける傾向がある。同島の竹には多くの哺乳類に有毒な青酸化合物が含まれ、他の動物は避けるが、竹を主食とする複数種のサルが生息している。

この記事は有料記事です。

残り429文字(全文726文字)

あわせて読みたい

注目の特集