特集

気候変動

気候変動対策強化へ世界が動き始めました。日本も新たな目標を設定。地球を守るために何が必要でしょうか。

特集一覧

「50%減」も視野に今後も調整 温室効果ガス削減の新目標決定

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
温室効果ガスの削減目標を表明する菅義偉首相(手前右から2人目)=首相官邸で2021年4月22日、竹内幹撮影
温室効果ガスの削減目標を表明する菅義偉首相(手前右から2人目)=首相官邸で2021年4月22日、竹内幹撮影

 政府は22日、地球温暖化対策推進本部(本部長・菅義偉首相)を開き、二酸化炭素(CO2)などの温室効果ガス排出量を「2030年度までに13年度比46%削減」とする新たな目標を決定した。さらに「同比50%減」も視野に検討を継続するという。

 30年度までの現行目標「同比26%減」から大幅な引き上げとなる。同日開幕するバイデン米大統領主催の「気候変動に関する首脳会議(気候変動サミット)」で、国際社会に向けて表明するため、政府内で調整していた。

 菅首相は同本部の会合で、「トップレベルの野心的な目標を掲げることで、世界の議論をリードしていきたい」と述べた。

この記事は有料記事です。

残り621文字(全文897文字)

【気候変動】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集