特集

Gender×JAPAN

東京五輪を前に次々と明らかになった日本の深刻なジェンダーギャップ。意識のアップデートのために何が必要?

特集一覧

ひどいシステムに男女の別はない 逆転の漫画「大奥」作者が描いた希望

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
女将軍たち=Ⓒよしながふみ/白泉社
女将軍たち=Ⓒよしながふみ/白泉社

 女将軍に仕える美男3000人が暮らす大奥――。男女が逆転した江戸時代という斬新な設定で話題となった漫画「大奥」(白泉社)が、16年にわたる連載を終えてこのほど完結した。重厚で緻密なストーリーに加え、ジェンダーの観点からも注目を集め、累計600万部を売り上げている。社会における男女の役割を取り換え、見えてきたものとは何か。作者のよしながふみさんに聞いた。【竹内麻子】

スタートは「面白いでしょう!?」

 ――若い男性だけがかかる謎の疫病がはやり、男子の人口が激減した結果、女性の将軍が誕生し、男性だけの大奥が作られる。この男女の役割が逆転した大奥という発想はどのように生まれたのでしょうか?

 学生時代、女王様の国をファンタジーとして描けないかと思いつきました。ただ、ゼロから服装や言葉を組み立てていくのは私にはとても難しくてできないなと思い、長いこと忘れていたのですが、2003年にテレビドラマの「大奥」が人気を集めているのを見て、江戸時代が舞台ならできるかもしれないと思いました。大奥は長いターム(期間)で描けますし、江戸城の御鈴(おすず)廊下に並んだ奥女中が上様をお迎えするというイメージが皆さんの頭に入っている。女性ではなく男性がバーッと並んでいるのがパロディーとして成立するなと感じました。ラストまで物語をいっぺんに思いついて、編集さんに話したのが連載のきっかけです。

 ――性別や疫病以外の部分は、かなり史実に沿っているのも特徴です。

 パロディーなので…

この記事は有料記事です。

残り3242文字(全文3871文字)

【Gender×JAPAN】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

注目の特集