臼杵城、組み立てて学ぼう 市がペーパークラフト配布

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
臼杵城天守のペーパークラフトモデル=大分県臼杵市役所提供
臼杵城天守のペーパークラフトモデル=大分県臼杵市役所提供

 大分県臼杵市は市のシンボル、臼杵城の天守を模したペーパークラフトモデル(紙模型)を作製し、26日から配布する。新型コロナウイルスの影響で、市歴史資料館などでの学習活動がしにくいため、家庭で工作を楽しみながら臼杵城の歴史を学んでもらうことが目的。【衛藤親】

 国庫補助事業「令和2年度地域の特色ある埋蔵文化財活用事業」で450個を作った。費用は245万円。天守の形は昔の絵図と、現存する城のうち類…

この記事は有料記事です。

残り296文字(全文493文字)

あわせて読みたい

注目の特集