大津いじめ訴訟で認められた「自殺の危険性」 画期的判決の背景

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
大阪高裁=大阪市北区で、曽根田和久撮影
大阪高裁=大阪市北区で、曽根田和久撮影

 いじめは自殺につながる行為――。社会で当たり前とされてきたことを認める初めての司法判断が確定した。大津市で2011年、市立中学2年の男子生徒(当時13歳)が自殺したのはいじめが原因だとして、両親が元同級生らに損害賠償を求めた訴訟。最高裁が1月21日付で上告を退け、いじめと自殺の因果関係に加え、いじめの危険性を認めた2審・大阪高裁判決が維持された。画期的な判決を勝ち取った背景を探った。【小西雄介】

 遺族側代理人の石田達也弁護士によると、これまでの同種訴訟では、いじめと自殺の因果関係が否定され、加害者や学校側は「自殺を予見できなかった」として法的責任を問えないケースが多かったという。

この記事は有料記事です。

残り1652文字(全文1946文字)

あわせて読みたい

ニュース特集