特集

河井夫妻選挙違反事件

自民党に所属していた河井克行前法相と妻の案里元参院議員が、19年参院選を巡る公選法違反容疑で逮捕されました。

特集一覧

河井案里元議員の歳費返還求め国を提訴へ 広島の住民ら

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
河井案里元参院議員に支給された歳費の返還を求める提訴を決断し、記者会見した市民団体「河井疑惑をただす会」の山根岩男事務局長=広島県庁で2021年4月22日午後1時33分、中島昭浩撮影
河井案里元参院議員に支給された歳費の返還を求める提訴を決断し、記者会見した市民団体「河井疑惑をただす会」の山根岩男事務局長=広島県庁で2021年4月22日午後1時33分、中島昭浩撮影

 2019年7月の参院選広島選挙区を巡り、公職選挙法違反で有罪が確定し当選無効となった河井案里元参院議員(47)について、支払われた歳費など4942万円を返還させるよう国に求める訴訟を広島県の住民らが近く東京地裁に起こす。国会議員歳費法の規定で国会議員は退職日まで支給を受けられるが、住民らは「当選無効は退職に当たらない」などと訴えている。

 参院事務局によると、案里元議員には19年7月の当選後、議員給与に当たる歳費2119万8939円、ボーナスに当たる期末手当822万7575円など計4942万6514円が支給された。だが、同年10月に一連の疑惑が浮上して以降は国会の欠席が目立ち、逮捕された20年6月以降の支給が約2200万円に上る。

この記事は有料記事です。

残り205文字(全文524文字)

【河井夫妻選挙違反事件】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集