空自のF2戦闘機同士が上空で接触 負傷者なし 山口・花尾山

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
訓練を終え築城基地に着陸するF2戦闘機=福岡県築上町で、宮城裕也撮影
訓練を終え築城基地に着陸するF2戦闘機=福岡県築上町で、宮城裕也撮影

 22日午後3時5分過ぎ、山口県北部の上空で、航空自衛隊築城(ついき)基地(福岡県築上町など)に所属するF2戦闘機2機が接触し、うち1機の部品2点が落下した。2機は上空で安全を確認しながら、午後4時過ぎに基地に戻った。搭乗する隊員2人とカメラマンの計3人にけがはなかった。落ちた部品は見つかっておらず、地上で負傷者が出たとの情報は入っていないという。

 空自によると、この2機は2人乗り(F2B)と1人乗り(F2A)。前方を飛んでいたF2Bの垂直尾翼にF2Aの機体の先端部分が接触し、垂直尾翼に設置された衝突防止用ランプ(約400グラム)とひも状の放電装置(約5グラム)が落ちたという。

この記事は有料記事です。

残り197文字(全文489文字)

あわせて読みたい

注目の特集