米大リーグ 登板翌日、エンゼルス・大谷が日米100号

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
三回、日米通算100本塁打となる5号ソロを放ち、ベースを回るエンゼルスの大谷=AP
三回、日米通算100本塁打となる5号ソロを放ち、ベースを回るエンゼルスの大谷=AP

 米大リーグは21日、各地で行われ、エンゼルスの大谷はアナハイムでのレンジャーズ戦に「2番・指名打者」で出場し、三回に日米通算100本塁打となる5号ソロを放った。3打数1安打1打点、1得点2三振1死球で、チームは4―7で敗れた。

 ツインズの前田はアスレチックス戦に先発して3回を投げ、3本塁打を浴びるなど8安打で自己最多に並ぶ7失点、1三振1死球1暴投で勝敗は付かなかった。チームは延長十回、タイブレークの末に12―13でサヨナラ負けした。

 レイズの筒香はロイヤルズ戦に「2番・指名打者」で出場し、5打数1安打、1得点だった。チームは8―9でサヨナラ負けし、連勝は5でストップ。

この記事は有料記事です。

残り844文字(全文1133文字)

あわせて読みたい

注目の特集