特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

第4波と投票 「選挙モンスター」もお手上げ? 名古屋市長選

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
定期的に手指を消毒しながら街頭演説する候補者(右)=名古屋市中区で2021年4月18日午後1時39分、兵藤公治撮影
定期的に手指を消毒しながら街頭演説する候補者(右)=名古屋市中区で2021年4月18日午後1時39分、兵藤公治撮影

 25日投開票の名古屋市長選は、新型コロナウイルスの感染拡大を受け「まん延防止等重点措置」の適用下で終盤戦が繰り広げられている。市内の新規感染者は適用翌日の21日に139人と1月半ば以来の多数に。「第4波」への警戒感が強まる中、各陣営は感染対策と投票の呼びかけに腐心している。

 事実上、4期目を目指す現職の河村たかし氏(72)と元市議長の新人、横井利明氏(59)の一騎打ち。市長選の投票率は、河村氏が初当選した2009年と自ら辞職して臨んだ11年の出直し選で50%台を記録し、1970年代以来の高率となった。だが、13年と17年は30%台にとどまり、盛り上がりを欠いた。今回は期日前投票が22日午後8時現在で17万2979人(有権者の約9%)。前回17年の同時期と比べると約1・53倍増となり、事前投票の動きが進んでいる。

 適用初日の20日、同市昭和区で一日の最後の演説を終えた横井氏は、投票率への影響を「あるだろう。より多くの人に選挙に行ってほしいが、感染者が急増すれば(投票所へ行くのを)控える人も出るだろう」と顔を曇らせた。

この記事は有料記事です。

残り539文字(全文1004文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集