山口・萩の新定期船、船体重すぎ就航白紙 「前代未聞」再発注へ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
三重県四日市市で9日にあった、萩市の離島・相島と本土を結ぶ新船の進水式=萩市提供 拡大
三重県四日市市で9日にあった、萩市の離島・相島と本土を結ぶ新船の進水式=萩市提供

 萩海運(山口県萩市)は23日、萩市の離島・相島と本土を結ぶ新しい定期船の重量が計画より大幅に超過し、建造した鈴木造船(三重県四日市市)との契約を解除すると発表した。6月に予定されていた就航は白紙になった。

 萩海運によると、4月9日に四日市市であった進水式に出席した社員が、船体が大きく水面下に沈んでいることを不審に思い、同社と共同で建造を発注した独立行政法人の鉄道建設・運輸施設整備支援機構(横浜市)に相談。機構が調査したところ、重量が当初の計画の約154トンより約49トン重くなっていると判明した。船体が重いと船底が海底に接触するなどして運航できないため、機構と鈴木造船が協議。船体の改良では対応できないため、鈴木造船は22日、機構側へ契約解除の意向を伝えた。

 建造費約8億7500万円は9割を機構、1割を萩海運が負担し、萩海運は11年間かけて機構側の負担分を支払う予定だった。新船の就航は造船所との協議から1年半ほどかかる見通しで、萩海運は「前代未聞で、遺憾としか言いようがない。早急に別の造船所への発注を協議したい」とした。当面は現在使用中の船を使う。【遠藤雅彦】

あわせて読みたい

注目の特集