ローカル線のLRT化を 「二匹目のドジョウ」狙う富山のJR再編議論

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
山あいのJR城端駅に停車する城端線の列車。昔ながらの気動車は鉄道ファンに人気だ=富山県南砺市の城端駅で2019年11月30日午後2時42分、高良駿輔撮影
山あいのJR城端駅に停車する城端線の列車。昔ながらの気動車は鉄道ファンに人気だ=富山県南砺市の城端駅で2019年11月30日午後2時42分、高良駿輔撮影

 富山県西部でJR西日本が運行するローカル線、氷見線(16・5キロ)と城端(じょうはな)線(29・9キロ)について、県や高岡市など沿線自治体は次世代型路面電車(LRT)移行や直通化を視野に再編議論を始めた。利用客が減り続ける中、地元は利便性を高めれば需要が増えると期待する。富山市では老朽化したJRの路線をLRT化で再生した先例もあり、「二匹目のドジョウ」を狙うことはできるのか。

 氷見線・城端線は高岡駅(高岡市)を起点に氷見駅(氷見市)、城端駅(南砺市)をそれぞれ結ぶ。城端線の新高岡駅は北陸新幹線から乗り換えができ、氷見線との直通運行によって「氷見寒ぶり」など海の幸で知られる氷見まで直接アクセスできる。

この記事は有料記事です。

残り1131文字(全文1435文字)

あわせて読みたい

ニュース特集