HOYA米子会社にサイバー攻撃 ネットに犯行声明、情報流出か

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 光学機器大手HOYAの米国子会社がサイバー攻撃を受けたことが23日、分かった。ハッカー集団がインターネット上に犯行声明を出しており、機密情報が流出した可能性がある。同社は「システム障害が発生したが、その後復旧した。攻撃の範囲や内容を調査中だ」と説明した。

 「アストロチーム」と名乗るハッカー集団は今月中旬、300ギガバイトの財務や顧客の情報などを盗み出したと投稿。情報を流出させない見返りに金銭を要求する「ランサムウエア」に感染させたとみられる。

 情報セキュリティーの専門家によると、海外の子会社や工場は本社よりセキュリティーのレベルが低いことが多いという。(共同)

あわせて読みたい

注目の特集