特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

奈良県の要請に15病院が計50数床の確保見通し 時期は未定

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
奈良県庁=中津成美撮影
奈良県庁=中津成美撮影

 新型コロナウイルスの感染急拡大で専用病床が逼迫(ひっぱく)しているとして、奈良県が改正感染症法に基づき全国で初めて病床確保を要請したことを受けて、約15病院が計50数床を確保できる見通しとなったことが関係者への取材で分かった。15日に県が全75病院に要請し、21日までの期限を設けて意向を確認した。要請を受け、これまでも患者を受け入れてきた4病院が21日までに計10床を増床した。

 現在、県内で患者を受け入れている16病院の大半は公立・公的病院で、民間は2病院にとどまる。要請した15日時点で、専用病床は計376床、うち民間病院は計10床だった。4病院が計10床を増床したことで、22日時点で専用病床は計386床となっている。

この記事は有料記事です。

残り614文字(全文928文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集