特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

ラグビー近鉄 やっと本拠地・花園なのに…1日違いで無観客

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
25日のパナソニック戦に向けて、調整する近鉄の選手たち=東大阪市花園ラグビー場で2021年4月23日午前10時15分、長宗拓弥撮影
25日のパナソニック戦に向けて、調整する近鉄の選手たち=東大阪市花園ラグビー場で2021年4月23日午前10時15分、長宗拓弥撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大で25日から緊急事態宣言が発令される東京、大阪、京都、兵庫の4都府県での大規模イベントについて、政府は無観客での開催を求めた。

 「あと1日」。ラグビー・トップリーグ(TL)のプレーオフ(PO)トーナメントを控える関係者は、複雑な思いを口にする。リーグ2部に当たるトップチャレンジリーグ(TCL)の近鉄は、25日のPO2回戦進出を目標にしてきた。会場は本拠地の東大阪市花園ラグビー場だ。

 「東大阪市の人たちの前に戻ってきて、もう一度試合を見てもらい、応援してもらうことが僕たちの使命だった」。チームリーダーを担うFW高島卓久馬(32)は地元での一戦に懸ける思いを明かす。TCL1位通過なら、PO1回戦の会場は花園だった。しかし決勝で敗れ、PO1回戦は秩父宮ラグビー場(東京)での試合となった。

この記事は有料記事です。

残り427文字(全文787文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集